美容室 Prego

突然ですが、あなたならどちらの働き方を選びますか?

  1. 人気スタイリストになるまでは、
    自分の時間のほとんどを
    仕事に費やす働き方。
  2. 自分の時間もあるのに、①よりも
    たっぷり練習が出来て、早く
    人気スタイリストになれる働き方。

もしあなたが、①を選んだのであれば、
Pregoでの働き方は合わないと思いますので、他のサロンの検討をお勧めします。
でも、もしあなたが、②に少しでも興味があるのなら、
これはあなたにとって今後の人生を豊かに過ごすためのターニングポイントになると思います。
もしそんな働き方に興味があれば、この続きをお読みください。

Prego式働き方の前に・・・
なぜ、美容師は辞める人が多いのでしょうか?

美容師はとても素晴らしい仕事ですよね?私もそう思います。
目の前で感謝されたり、喜んでもらったり、頑張ってきて本当によかったなって感じる瞬間が毎日のようにあるなんて、幸せなことだと思います。

しかし今、美容師の成り手は減っています。同時に、せっかく美容師になっても、辞めてほかの道に行く人も多くいます。人にも自慢できるような素晴らしい仕事なのに、矛盾していますよね?
その一番の理由が、「きつくて割に合わない」というものです。少ない休みと長い拘束時間、そしてそれに見合わない給料。それに加え社会保険未加入のところも多いです。
確かに美容師は練習しなければ全くと言って仕事になりませんから、勤務時間とは別に練習が必須です。美容師を志す人なら、そのくらいは理解し、希望と期待に胸を膨らませ入社してきます。しかし、入ってみたら理想と違って、きつい…、地味…、自分の時間が無い…、なんて感じる事が多くあるようです。

最初は、沢山働くことに達成感を感じていたのが、多くの人が一年も過ぎる頃には日々の忙しさに忙殺され、“やりがい”を見失ってしまうのが現状です。
「なんのために毎日遅くまでやっているのか?」
「このまま年を取っていって将来平気なのか?」
など、将来に不安を感じながら働いている人が多くいます。そして美容師自体を辞めてしまうのです。

これは、あなたにとって大きな人生の損失です。仕事と言うのはあなたの人生の大部分の時間を費やす活動です。その時間が、好きじゃない、楽しくない、苦痛である…、というのは、たとえ給料が少し良かったとしても、とんでもない人生の損失ではないでしょうか?

会社にとっても損失です。そんな人が最高のパフォーマンスを発揮して、組織に貢献してくれるとは思えないからです。

なので、お互いの損失がないように、事前にPregoで働く事で期待できる事、できない事、求められる事、評価される事、評価されない事などを、お伝えしておきたいと思います。

では、最初に悪い点からお話しします

まず第一に、大企業と比べ安定はしていません。
始まってから7年くらいの会社ですから、30年後も存続しているか?と言われれば保証はありません。もちろん大企業だからといってそんな保証はどこにもないんですが。現実問題として、上場している大企業のほうが安定していますし、保証の信用力という点で圧倒的優位だと思います。だから、この会社の将来は主力メンバーの仕事次第ということになります。
あなたが入って主力メンバーになれば、極端な話あなた次第でもあるのです。
まだ私自信がスタイリストとして前線で働いている以上、潰れてしまうかもしれないという事態に遭遇した事はありませんが、今後会社が成長するにつれて現場を社員に任せる機会が増えるかと思います。そうすると一人一人の仕事次第ではそういった事態にならないとは言い切れません。
なので、安定を求めるならこの会社は適した場所ではありません。
次にあげられるのが… 毎日忙しいので、営業中にかけ持つ仕事が多く、
さらにスピードが求められます。
これはある意味、美容師として成長するうえでは最高の現場ではあるのですが、欠点としては「自己成長意欲のない人」はきつく、つらく感じるかと思います。もちろん周りは親身になってサポートしてくれます。いろいろと教えてもくれます。現場でもたくさん学べて成長のチャンスもたくさんあります。ですが反対に、教えてくれる、やってくれるのが当たり前という受け身で仕事していたら放置されます。もうここは学校ではなく、周りはみんなプロとして仕事をしているので、意欲(やる気)のない人は相手にされません。

他にも考えればいろいろあると思いますが、現状思い当たるのはこのくらいです。それでは、次にPregoで働く事が、あなたにとってどんなメリットがあるのか?についてお話したいと思います…。

いい点は?

1.美容師として生涯困らないスキルが身につきます
Pregoでは、お客様をこなすだけの店に都合のいいスタイリストを育成するのではなく、お客様に支持される技術や話し方を身につけられるという事です。年代によって違うお客様の好みを捉え、どういうものを提案したら喜んで頂けるか?など、お客様自身に喜びを実感してもらう事がウチのコンセプトでもあり強みなので、こういった点を磨きたいならおそらく最高の環境だと思います。
そして、売れるスタイリストに必要なもう一つのスキル、スピード&クオリティを両立したプロの仕事ができるようになります。人気あるスタイリストは大抵スピーディーで無駄がありません。そして細かく丁寧だから、スピーディーでも全く慌てているように見えないので、雑に感じることもありません。これらのスキルを身につけられれば、この先食べていくのに困る事はまず無いでしょう。暇な店で育ったスタイリストは、忙しいスタイリストになるのは大変です。平日も忙しいPregoでは、忙しい店ならではの、顧客満足度を下げないオペレーションも学ぶ事ができます。
2.無理なく毎日でも練習できるから、スキルアップが早い
18時までの営業なので、例えば毎日練習したとしても遅い時間になりません。そしてその方が、反復練習になり身に付きやすいのです。休みは完全週休二日制なので、外部セミナーに行ってももう1日あるので、プライベートにも余裕があります。

マニュアルもあります
新卒生は2年でスタイリストデビュー、デビュー後1年でリピート率90%以上のスタイリストの育成を目指すマニュアルです。※本人の取り組みによって変わる。
Jrスタイリストの人も現状のレベルに合わせて使えます。さらに、ベーシックカットは動画にもなっているので、自主練習の時にも迷わず的確にサポートしてくれます。
Prego 2年デビュー・リピート90%
マニュアルの詳細はこちら

3.長い拘束時間に対しての“低賃金”という給与問題も解決
サロンでもっとも多い休日は4週6休制で、年間休日数にすると約77日です。
完全週休二日制の場合だと、年間休日数は約105日です。ウチは年末年始と夏季休暇合わせて6日あり、足すと111日になるので、その差は34日になります。さらに、1日ごとの労働時間も他店より短くなっているので、年間の労働時間で考えるとものすごい差になります。
離職を引き起こしている問題は、必要以上に長すぎる拘束時間(勤務時間)に対して、給与が低いという事です。給与を上げる事でも解決できますが、結局それでは根本的な時間の問題が解決されません。
逆に、給与を下げることなく勤務時間を減らした事で、実質、時給は上がり時間にゆとりも出来ました。

とは言え、美容師としての経験が不十分にならないか心配ですよね?
確かにサロンワークは、実務経験を兼ねて非常に大切な時間です。しかし、11時間、12時間もサロンワークに時間を費やすメリットは経営者側にしかないのです。2、3時間くらい減らしたところで、毎日予約がちゃんと入っているサロンであれば、実務経験上まったく申し分ない時間と環境です。ちゃんと疲れるくらい働けます(笑)
美容師の成長に大切なのは、サロンワークだけでなく、練習、勉強、プライベートのバランスです。必要以上に長い労働時間に疲れ果て、あまり練習が出来ないでいる方が成長できず、毎日同じ仕事の繰り返しになり、だんだん嫌になってきてしまうのです。
スタッフの成長と人生を考えたら、どちらがいいかは明白ですね。

4.アルバイトもOK
家庭や個人的な事情でフルに働けない場合などもあるかと思います。それでも資格を生かしたい、美容に携わりたいという人もいますので、Pregoではアルバイトスタッフも受け入れています。教育内容も社員と変わらないので、本人にやる気さえあれば、スキルアップには差は出ません。清澄白河店には現在1名在籍。

こんな人はいりません。今までの失敗談

以下のような人は求めていません。

プライベートに時間を振りすぎて練習をせず、
スキルアップの意欲がない人
美容師という仕事は、多くのお客様から支持されるスタイリストになるまでは特に、サロンワークと練習の日々です。Prego式の働き方は、従来の長時間労働からの遅くまでの練習に忙殺されずに、美容師としてのスキルアップを目指せる労働環境です。過去に新卒で入社したEさんは、週一回の合同練習の時しか練習をしていませんでした。教えられた事を個人練習で復習しなかったため、同じ事を何回もやり、進みも遅く、1年経過した段階ではまだまだカットの練習に入れる状態ではありませんでした。もちろんマニュアルがあっても2年でデビューできるペースではなく、その意欲も感じられなかった為評価は低く、結果やめることになりました。

たくさんのお客様に支持される美容師になりたい、という思いがある人を求めています。
過信により組織としての仕事をやらず、
自分のやり方、やりたい事しかしない人
Pregoは他店よりも月の営業時間が短いので、その中でどうやってお客様から支持をされ続け、利益を出し、成長していくかという考えがあります。
美容師として自分の持ち味を生かしてやってもらう仕事の他に、その考えを達成するための業務をスタッフ全員で共有し、取り組んでもらい、成果につなげています。
他店である程度やってきた人は、だいたい自信がある人が多いです。Tさんもその一人でした。もちろん、思う事はとてもいい事だし、必要な事だと思います。ですがそのせいで、新しい事を教えても「あーこういう事ですね」と自分なりにまとめてしまい、全く取り組みませんでした。かと言って、自分の考えだけでやり続けても全く成果も出ませんでした。美容師として自由な部分は尊重したいのですが、与えられた事もやらず、結果も出ないのでは、会社としては大損失です。

美容師としての前にまず、社会人として与えられた業務に取り組める人を求めています。

準備は出来ましたか?

さて、ここまで読んでくれたあなたは、Pregoでの仕事に興味を持ってもらえていると思います。
もし、あなたがこれから数年間、Pregoの労働環境でサロンワークと練習を必死で頑張り、
美容師として生涯困らないスキル、売れるためのスキルを身につける意思があるなら…
以下のリンクをクリックして、応募してください。

あなたの応募お待ちしていますよ!

Prego募集要項はこちら
質問、サロン見学、面接の申し込みはこちら

株式会社ヘアーメイクプレゴ 代表取締役 渡辺敦

このページの先頭へ